ロードスターで国道251号線を抜けて小浜へドライブの感想

YouTubeに3本目の動画をアップロードしました。

 先日YouTubeに3本目の動画をアップロードしました。思ったことなんかをつらつらと書いていきます。

今回走ったルート

新しくやったこと

  • ルートを公表するようにした
    これまでの動画で「結局お前どこ走ってんの?」っていうのが気になったので、今回からGoogle Mapを使ってルートを公表するようにしました。
    本当はYouTubeの動画上で見せたかったんですが、規約を読み込んだところではやっていいのかダメなのか曖昧だったので、今回はリンクとして載せる形に留めました。
    Google Earthとかおもくそ載せてる人もいるので良いのかなとは思うんですけど、どうなんでしょうか。
  • 字幕をちょっと変えた
    YouTubeっぽい字幕を使うようにしてみました。これだけでも結構それっぽくなりますね。
  • 音楽を流すようにした
    申し訳程度ですが・・・。
  • 4Kで書き出し、アップロードした

字幕の作り方

 使っている動画編集ソフトによっていろいろなやり方があるとは思うのですが、私はiMovieを使っているので字幕用のpngをKeynoteで作って、iMovieに持っていくようにしています。

Keynoteの模様…

 Keynoteでの作り方は簡単で、こんな感じでグリーンバックのスライドに適当に字幕として出したい文字を入れるようにします。1字幕ごとに1スライド作っていく流れで一通りのデータができたら[ファイル] -> [書き出す] -> [イメージ…]の順にクリックして、書き出し設定の後書き出し処理を行います。

 書き出しが完了したら指定の保存先に各スライドが画像化した形で吐き出されているので、それらの画像をiMovieにドラッグなりなんなりで持っていって動画上の表示したいタイミングで出すように編集すればOKです。

 ちょっと面倒なのがiMovieに持っていった際、そのままではグリーンバックになってしまうため動画が隠れてしまいます。これを防ぐにはiMovieの方で設定を行う必要があります。

こんな感じで・・・

 上記の画像では右上に「えっくんのチャンネル」と出ていますが、このロゴだけ上手く見せるようにしてグリーンバック部分だけ隠すことが出来ます。上記画像を見ると上部にアイコンのまとまったメニューがあるかと思うのですが、一番左のアイコンをクリックするとメニュー下部に「カットアウェイ」などが書かれた機能メニューが表示されます。「カットアウェイ」をクリックして、「グリーン / ブルースクリーン」をクリックするとやりたかったことが出来ます。

こんな感じになります・・・

 ロゴと字幕が出て良い感じになっているように見えますが、iMovieでは同じタイミングで画像を複数表示することが出来ません。なので、ロゴと字幕が両立して表示される動画を作ろうと思った場合一度字幕を入れた動画を作って書き出しを行わないといけません。書き出した動画を再度iMovieに取り込んでその上にロゴ画像を表示するよう編集することでこうした動画が作れるようになります。書き出しが早ければそんなに苦にならないのかもしれませんが、私の環境は結構書き出しに時間がかかるため、これが結構ストレスです・・・。と言いつつも無料でここまでのことが出来るのでそこまで文句を言うのもどうかとは思いつつ・・・。

4K書き出し

 撮影機材にiPhone 12 Proを使っているのですが、iPhone 12 Proは4Kで動画を撮ることが出来ます。これまでは書き出し時間の都合で敬遠していたのですが、iMovieで編集して4Kで書き出しが出来るので今回試しにやってみて4K動画としてアップロードしてみました。実際4Kにしてみるとめちゃくちゃ綺麗に観れるんですけど、そもそも4Kモニターって広く普及してるのかな・・どうなんだろうか。

 というかそもそも実際にPCで観る人がそんなにいないんじゃないかな〜て気もしてるので、微妙な気もしているんですが、やらないよりはやった方が良いと思うので、今後もこれは続けていこうかなと思っています。それにしてもスマホ1つでここまで撮れるっていうのがほんとスゴイな〜。

今後・・・どうするよ?

 とまあ、今回で撮りためてた分は放出してしまったので、次どうしようかなって思っています。少ないながらにいろいろとやってみた限りではこれをコンスタントに続けていくのも結構大変かもなという気がしたので頻度は少し減りつつゆるく続けていく形になりそうです。

この記事を書いた人

えっくん

ロードスターに乗っています。最近またブログを書きはじめました。
この名前を名乗るようになって15年が経ちWebの仕事をはじめて10年が経ちました。とほほ・・・。