THE YELLOW MONKEY のこと

THE YELLOW MONKEY 30th Aniversary LIVE

先日からTHE YELLOW MONKEYのドームツアーがはじまって、このご時世なので現地に行くことは出来なかったのですが、配信もやっていて初日から観ることが出来ました。良い時代。で、観ていてぐっと来るものがあったのでTHE YELLOW MONKEYのことを書くことにします。

THE YELLOW MONKEY

THE YELLOW MONKEYというロックバンドがありまして、幼い頃から家族の影響で聴いていました。
とは言っても自分が聴くようになった頃はもう既に活動を休止していまして、「こんなにカッコイイのにな〜、またやらないのかな」と思いながら何年かが経ち、大人になって好きなアーティストのライブに行ける歳になってからもやる気配もなく「あ〜、終わっちゃたんだな」と思いながらまた何年かが経ちました。

活動休止からの吉井和哉さんのライブと活動再開と

活動休止中の頃もヴォーカルの吉井和哉さんのソロ活動は追っかけていて、それこそライブもちょこちょこ観に行ってました。とは言っても初ライブは結構遅い頃で確かHEARTSツアーの頃。福岡サンパレスの会場で豆粒ほど・・・とは行かないけれども、小さいサイズで遠目に動く吉井和哉さんを観て「ああ、マジで本当に実在してる人間なんだな」と思ったのを覚えています。その時のライブはとても良かったです。

それから何度か観に行って(あとで聞いた話によると、妻とニアミスしたこともあったそう)
THE YELLOW MONKEY時代の曲もやるようになってから、それはそれでカッコいいんだけどやっぱり楽器隊が違うと全く違った曲に聞こえることもあり、もうないと思いつつも「あの4人の音で聴きたいよな」とわがままを考えることがしばしばありました。

で、ソロ活動も一区切りを迎えた8枚目のアルバム「STARLIGHT」が出たんですけど、このアルバムがソロ活動の集大成という感じで、めちゃくちゃ良いアルバムで。アルバムツアーにも何度か行きました。
初期の少し影を落とした楽曲も好きだったんですけど、アルバム最後に収録されている「クリア」は未来の明るさを感じさせる雰囲気でどこかTHE YELLOW MONKEYの「プライマル。」っぽさがありつつも全く違う雰囲気の曲だなというのが印象的でした。
なんとなくこの時にこれだけ良いものが出来たんだし、THE YELLOW MONKEYをまたやる可能性があるんじゃないかなと思うようになったのを覚えています。

それでまたしばらく追っかけてるとカバーアルバムのリリースが続いて、この路線で行くのかな〜と思ったりもしたのですが、この頃から他のメンバーとの露出も増えはじめてきて、例のティザーサイトが公開。それからほどなくして2015年に活動再開のニュースが流れた時には感動したものでした。

at 東京ドーム

先日の東京ドーム講演も良かったです。年始のツアー休止から今回のツアーまで少し間があって、そんな中での1曲目は「真珠色の革命時代」でした。これはファンは痺れるでしょう!僕も痺れっぱなしでした。

この時期になってからのドームクラスのツアーはおそらくTHE YELLOW MONKEYが最初なんじゃないかなと思ったりもするのですが(違ったらごめんなさい)そう言う状況だからこそ「絶対に成功させるぞ」っていう強い意志も感じましたし、先陣を切ってチャレンジする姿は「カッコいいな」と思いました。

思えば節目節目で逆境にさらされるバンドで、それでも立ち向かって乗り越えて常に挑戦し続ける姿を見ていくうちに、より一層 THE YELLOW MONKEYのことが好きになりました。いつも勇気をもらっていて、僕も頑張ろうってなります。

アイキャッチは・・・

中止になった30周年ドームツアー初日に行った時のもの。この時のライブも良かったなあ。

この記事を書いた人

えっくん

ロードスターに乗っています。最近またブログを書きはじめました。
この名前を名乗るようになって15年が経ちWebの仕事をはじめて10年が経ちました。とほほ・・・。